子どものために仕事を頑張りたい、でも家庭を最優先に!
私は「教育は子どもに残せる唯一の財産」と考えています。だから、長男が私立中学に合格したとき 「教育費のために頑張ろう」と思ったんです。
仕事は頑張りたい、でも家庭が最優先。そんな私の希望をかなえてくれる仕事が、大同生命の企業福利厚生プランナーでした。定時に帰れますし、自分でスケジュールを組み立てて半日休暇を取ることもできますから、子どもの行事にはすべて参加できています。
パソコン未経験でも大丈夫!
実はこの仕事を始めるときに何よりも不安だったのが、仕事でパソコンを使うということ。
でも、説明会に行ったときに面接官の方が 「パソコンを全くさわったことがない人も使えているから大丈夫!」と言ってくれて、ホッとひと安心。実際にやってみても、そんなに難しくありませんでした!
また、研修がとても充実していました。保険という商品をお客さまに合わせてどう提案するかといった、トータルコンサルティングを学びました。 あと、人として信頼していただくために必要なマナーや接客法、話し方なども丁寧に教えてもらえました。 研修で習ったことは、すべて私の財産になっています!
「妻」「母」ではなく、「社会人」として活躍できるのが嬉しい
最初は子供の教育費のために始めた仕事ですが、働きだしてから視野も広がった気がするんです。「妻」でもなく「母」でもなく、家庭以外で社会に評価されることが嬉しいですね。
私の子どもたちもいずれ世の中に出ていくので、私のこの経験が力になれればと思っています。
他にも良かったことがあって、専業主婦のときは「何で帰りが遅いの?」「何でこんな点数をとったの?」が口癖だったけど、すっかりなくなりましたね(笑)。
岩堀和美のとある1日の流れ 9:30 アポイントのお客さまへ直行
9:30のアポイントのため、家から直接お客さまを訪問。
午前中いっぱい時間を使ってじっくりお話を進めてきました。
12:00 ランチ
ゆっくりできるカフェがお気に入りのランチスポット。
午前中のアポイントの内容をまとめたり、午後の訪問先企業のことを調べたりして過ごします。
13:00 近くの契約企業を数社訪問
ご加入いただいたお客さまの企業をいくつか訪問。契約後もこまめに通い、社長さまの役に立ちそうな資料などを持っていくようにしています。持っていった資料や、時には何気ない世間話の中から新たなご提案のチャンスが生まれることも多いです。
16:00 帰社
今日の訪問の内容や明日の訪問準備をして、上司に1日の報告をします。
17:00 退社
今日も定時に退社。お腹を空かせた子どもが待っているので、スーパーで買い物をして家に帰ります。仕事と家庭の両立もすっかり板についてきました。